2014年1月 5日 02:50

『蟲師』特別編あとのニコ生内容がすばらしかった件

|カテゴリー:戯言 シェア&後で読む
蟲師 愛蔵版(1) (アフタヌーンKCデラックス) amazon:蟲師 愛蔵版(1)

4月・10月の分割2クールで2期決定

昨日放送された『蟲師 特別編・日飢む翳』。8年ぶりのカムバックは見事なまでの完全再現でした。さらに、突然の告知で2期決定が報じられ、ニコ生およびTwitterなどが騒然となりました。

コミックナタリー - アニメ「蟲師」2期の制作決定!前作スタッフ集結し4月放送

TVアニメ『蟲師 続章』公式サイトもリニューアルオープンしています。

スポンサードリンク

長濵博史監督とギンコ役・中野裕斗氏のニコ生

放送終了後に開催されたニコ生では監督の長濱氏と声優の中野氏が興味深い話を展開しました。

話に夢中でキャプチャ画像を撮り忘れたのが痛恨ですが、一部内容を残しておきます。*管理人のメモを元にしており、間違った表現などある可能性もあります。予めご了承下さい。

【作画系】

  • 今回の特別編の蟲も手描き作画。(一部デジタルの複製あり)ラストシーンで桶から出てきた蟲や花畑のシーンの蟲もフルアニメーション
  • 作画枚数が一時2万枚になりそうになり、1万7千くらいに落ち着かせた(力技:1枚の密度増加発動)
  • 【ストーリー系】

  • ストーリー前半で過去話のキャラクターが登場するのはアニメオリジナル。各キャラクターのその後が想像できるよう描かれた(1)
  • (1)は設定やオリジナル追加の可否を原作者の漆原氏に監督が直接確認した
  • (1)を入れたことで前半のボリュームが増え、後半の解決パートは展開が早い印象になった
  • 【裏話系】

  • 『蟲師』の台本は、話ごとに個別のテーマカラーで、台本表紙絵も毎回別のものが描かれていた。
  • 特別編の台本は白・黒。
  • しかし、"白黒をはっきりさせているわけではない"(意訳)という漆原氏の意向もあり、白と黒のグラデーションというイメージが、全編を通して演出されている。(2)
  • (2)は本編タイトル、ヒヨリ・ヒナタというキャラクター、ヒヨリの髪の毛などに注目
  • 【スタッフ編】

  • 中野氏は演技において、8年ぶりのギンコを演じた感想などを話した。
  • ストーリーがスケールの大きいものであることも影響し、大仰な芝居になった部分でNGが出た。
  • 中野氏は"公園で鴨にギンコの声で話しかけた"などと語り、役本来の感覚を取り戻したらしい
  • 相当に大変な制作規模だったようで、制作の苦労話になるとアニプレックス関係者の顔に悲壮感が漂った模様
  • 『蟲師』という作品の大ファンでもあり、"完全再現"をモットーにしていると語る長濱監督の貴重な話が聞けました。原作者、漆原氏との密な打ち合わせがあったことを思わせるエピソードにニコ生の視聴者達も驚いていた様子。

    また、作画についての話ではアニメファンから「スタッフが息してない」などコメントがあり、驚きを通り越して戦慄してる雰囲気に。

    絶版後記

    アニメ・漫画共に作品のファンである吉田尚記アナは私物のパンフレットを持参するなどしていました。

    吉田アナが画面外のアニプレックス関係者にリアルタイムで確認して、分割2クール(10月後半放送)が判明するなど、非常に盛り上がる展開のニコ生となりましたね。

    とりあえず、アニメファンは10月まで生きる理由ができたんじゃないかな。

    • 【タグ】
    戯言カテゴリの他の記事はこちら。

    スポンサードリンク

    news

    新作同人誌! MEMORIE(あまんちゅ!イラスト本)の通販 → メロンブックス

    イラスト・漫画など活動報告 → イラスト・漫画仕事および同人活動の記録| 絶版あかみる

    雑誌掲載されました

    絶版あかみるを登録する

    follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    青年コミック(4社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。