2014年3月25日 15:10

アナログ線画をデジタルイラストで使う方法。Sai「輝度を透明度に変換」で抽出する

新・萌え絵の教科書 (三才ムックvol.692)

アナログ線画をデジタルイラストで綺麗に変換する方法

デジタルでイラストを描く際、ペンタブを駆使して線画を描くと思います。ただ、ペンタブに慣れないうちはアナログで下絵を描いて取り込んだ方がやり易いでしょう。

また、アナログ線画を使ったイラストはフルCGとは違った雰囲気を出すことも可能なので色々試してみると面白いです。

よくやりがちなのが、線画を乗算にしてレイヤーの最上部に置く方法。もちろん間違いとはいいませんが、私はオススメしません。

saiで「輝度を透明度に変換」を使うと簡単にできるので覚えておくと便利。

スポンサードリンク

クリンナップ・まずはコントラストで線画をはっきりさせる

スキャナの設定で綺麗にする人もいるでしょうが、ひとまずSaiでやる方法です。上のように、アナログ線画をスキャンしたばかりの状態はゴミが多いので、「フィルタ」の「明るさ・コントラスト」である程度綺麗にします。

この時ポイントは、背景部分が真っ白になるくらいに調整しましょう。線画が白飛びしてしまう人はもう少し濃く描けばOK。後で薄くすることは出来るのでコントラストが効くようにしましょう。

次に線画の下にベタ塗りのレイヤーを追加。この時点ではまだ線画の背景が透明になっていません。

線画レイヤーを選択した状態で、「レイヤー」メニューから「輝度を透明度に変換」を実行します。簡単に言うと「白いところほど透明度を高くする」ということになります。

これでアナログ線画の抽出が簡単にできます。レイヤーの種類を「乗算」ではなく「通常」にして、レイヤー構造の上部に置きましょう。下のレイヤーで塗った色に影響されず線画を編集できるようになります

絶版後記

基本的なことですが、CG塗りのクオリティに影響するテクニックなので作風に関係なく覚えておくと役立ちます。

クリエーションカテゴリの他の記事はこちら。
ペイントツールSAIカテゴリの他の記事はこちら。

スポンサードリンク

news

新作同人誌! MEMORIE(あまんちゅ!イラスト本)の通販 → メロンブックス

イラスト・漫画など活動報告 → イラスト・漫画仕事および同人活動の記録| 絶版あかみる

雑誌掲載されました

絶版あかみるを登録する

follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    青年コミック(4社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。