2014年9月 8日 17:45

SAIペンレイヤーの使い方。アニメ塗りで便利!

SAIには、通常のレイヤー以外に「ペンレイヤー」というものがあり、これはパスを使って描画ができるレイヤーです。ただ、PhotoshopやIllustratorのようなパスとは操作が全然違います。線を引きたいポイントごとにクリックすれば良い簡単なもので、より初心者が感覚的に使えるようになっています(Illustratorに慣れてると逆に使いづらいですが...)。

また、この「ペンレイヤー」を活用することでパースもどきが引けたりと応用の効く機能なので、是非いろいろ試してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

SAIペンレイヤーの使い方

まず、ペンレイヤーを新規に作成します。レイヤー追加の隣にあるペンマーク付きのレイヤー追加ボタンをクリックします。

ツール欄がペンレイヤー専用のものに変わり、レイヤー名の前にペンマークが付いているものがペンレイヤーと判別できます。「ペン入れ」ツールは通常レイヤーと同じくペンタブを使用して手書きするものです。基本的に使うのは「曲線」ツールでしょう。

曲線ツールはクリックした点と点をつないで線にしてくれます。ダブルクリックすると終点となり、そこで点が途切れます。ダブルクリックをするまでは一本の線として認識され、角度をつけた位置でクリックすると、始点・中間点・終点を曲線になるよう繋げてくれます。

ただ、あまり角度があると外側に膨らまないようになっている為、自然な曲線とは言い難い仕上がりになります。自然な曲線を引くには、細かく中間点をクリックしていく必要があります。

また、「制御点」ツールを使用すると中間点の位置をずらして微調整が可能です。これも癖の強いツールで、制御点の追加や移動をすると、周囲の曲線も大きく影響を受けてしまいます。この辺りはツールの癖を覚えていくしか無いと思うので、何度か練習してみましょう。

「筆圧」ツールを使うと、制御点ごとに線の細さを変更できます。髪の毛の毛先線画などで先端を細くするときなどに便利です(正直面倒臭いのであんまり使わないと思うけど...)。

塗りで威力を発揮! ペンレイヤーの使い道

この「ペンツール」は一見線画に適しているように見えますが、恐らく使いなれるとアニメ塗りの「塗り」作業にて役立つと思います。

ペンツールで影の境界線を決める。 新規に通常のレイヤーを作り、合成すれば塗りつぶしツールなどが使用できる。

こんな感じで影になる部分をペンツールの滑らかな線で指定し、後は「塗りつぶし」を行なえば綺麗に各パーツの塗りを進めることができるでしょう。

ここ最近のアニメ塗りは線画も筆圧のない均一な線で描く人が多くなっており、その場合には線画用ツールとしても「ペンツール」は威力を発揮します。何にせよ、一々筆圧を変更するのは非常に面倒臭いうえ、「線が死ぬ」ということになりやすいのでオススメしません。

ペンレイヤーの操作・ショートカット

ペンレイヤーの制御点操作について、特殊な操作方法があるので確認しておきましょう。

まず1つは制御点の変形方法。「制御点」ツールを使う(またはCtrlキー押す)と各制御点の位置を個別に変更することができます。「Shift」キーを押した状態で移動させると、中間点とのバランス(長さや曲線具合)を保って移動させることができます。

通常の自動変形も可能ですが、線が太くなったり不具合が生じます。一度制御点を選択してから自動変形をすると上手く変形させることが可能です。制御点を一度選択すると、メニューバーの「選択」にある「選択制御点の解除」を行なうまで選択されたままなので、必要がなくなったら解除するようにしましょう。

参考:SAIのショートカットキー ・ 覚えておきたい1歩進んだオススメキーまとめ| 絶版あかみる

ペンレイヤーの注意ポイント

ペンレイヤーにはいくつか注意したいポイントがあります。たとえば「修正」ツールを使って線を消したとき、先端は筆圧100%の状態になったり、位置が微妙にずれたりします。

また「ペンレイヤー」と「通常のレイヤー」を合成した場合、合成後のレイヤーはレイヤーの上下に関係なく「通常のレイヤー」になります。こうなると制御点の移動などが出来なくなるので注意が必要です。

ペンレイヤーを応用してパースを引く

詳しい内容は以下のPixiv講座を見て頂ければと思います。この他にも「ペンレイヤー」では丸や六角形などの図形を描くことができます。無機物などイラスト内の小物を描くときに便利なので、それぞれ方法を覚えておくと良いでしょう。

「SAIで早く簡単にパース線をやっつけちゃう講座だョ」/「きゅうなな」の漫画 [pixiv]
SAIで直線と円を描く方法 | デジタルイラスト・初心者から上級者への近道!

イラストの技術書ではなく、SAIの使用方法を詳しく解説した教本。初心者はもちろん、中級・上級者も持っておくとSAIへの理解が深まって応用に役立つかも。

クリエーションカテゴリの他の記事はこちら。
ペイントツールSAIカテゴリの他の記事はこちら。

スポンサードリンク

news

新作同人誌! MEMORIE(あまんちゅ!イラスト本)の通販 → メロンブックス

イラスト・漫画など活動報告 → イラスト・漫画仕事および同人活動の記録| 絶版あかみる

雑誌掲載されました

絶版あかみるを登録する

follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    青年コミック(4社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。