2015年3月20日 16:27

イラスト上達したい人へ向けた20のこと

イラスト上達の秘訣 有名作家の構図テクニック

まだまだ私も練習中ではありますが、お絵かき上達の為に行なうこと、マインドなどについてまとめました。

大前提として「描かなきゃ上手くならない」ので、自分が動くよう仕向けることに重点を置いています。20個のリストを自分好みにカスタマイズしつつ、その上でテクニック論を積み重ねていきましょう。

スポンサードリンク

準備編

1.机を綺麗にする
まずは掃除して環境を整え、キープしましょう。お絵かきに使うツールの掃除も。

2.可能な限り早い時間帯にスケジュールしよう
お絵かきは選択と決断の連続です。決断力は起床後、時間と共に減っていきます。ちょっとでも手をつけておくと「続けたい」気持ちが湧くはずです。

3.「行動のトリガー」を作ろう
小さいことで良いので「今からお絵かきをするぞ!」という「行動のトリガー」を作りましょう。例)PCの電源付ける→トイレに行く→メガネを掛ける

4.自分の最も好きな「モノ」の資料を用意しよう
絵を描く時、キャラと一緒に「モノ」を描くようにしましょう。最終的に消しても良いし、キャラと関連させなくてもいいので、毎回それを描いてみましょう。例)花、食器など

行動編

5.描きたい対象を明確にしよう
着地点を確認しましょう。「女の子のかわいい赤面顔が描きたい」のように2~3のキーワードで作りましょう。

6.連想ラフを描こう
5の着地点への道をイメージしつつラフを描きましょう。5W1Hを意識し、イメージを明確化していきます。

7.線画完成の直前で休憩しよう
線画はラフの線から取捨選択し、決断する行為です。一度休憩して、少しでも絵から目を離す時間を作りましょう。ミスが見つかりやすくなります。また、完成一歩手前で止めておくと、気分的に再開するのが楽になります。

8.色設定をしよう
ざっくり塗って色の構成を確認しましょう。塗りの技術よりも色の構成が与えるイメージは大きいです

9.大雑把な「いつもの」を持とう
作業中に作画以外で悩む要素を出来る限り減らしましょう。柔軟性を失わない程度にして、ストレスを感じないように注意します。「いつもの」はアップデートしていきましょう。例)いつものレイヤー構成、いつもの肌色

10.完成したことを認識しよう
出来不出来、評価を度外視して、自分のやったことが「完成」したことをちゃんと認識しましょう。「出来た!」という感覚の積み重ねを大切にしましょう。

確認編

11.翌日に他者評価と自己評価をしよう
評価を見るなとは言いません。ただし判断は一旦保留して、翌日落ち着いて確認しましょう。完成直後に決め付けた自己評価は撤回し辛くなります。

12.「最も出来たこと」と「最も出来なかった」ことを見つけて書き出そう
何が出来て何が出来ないのかを確認しましょう。見つけるのは最も重要な1つだけにしましょう。幾つも探すと客観視できなくなっていきます。

13.何故それが出来なかったのか作業工程を思い出そう
出来なかった原因は何だったか考えましょう。「技術がないから」など抽象的にではなく、「線画段階で資料を見ず妥協したから」など具体的にしましょう。

14.今まで描いてきたものの一覧を見よう
Pixivの一覧でもPCフォルダの中身でも良いのでサムネイル一覧を確認しましょう。自分の絵の構図、ポーズの傾向と癖、色構成など 大きな視点で見ましょう。

改善編

15.まずは「出来たこと」を伸ばそう
得意は不得意をカバーして有り余る魅力になります。得意な武器を磨きましょう

16.「出来なかったこと」を忘れないようにしよう
「出来なかったフォルダ」を作って、その部分が分かるように自分の絵を保存し、参考資料とセットにして保存しておきましょう。折に触れて見返し、ひとつづつ克服していきましょう。

17.やり辛かったこと、「いつもの」を見直し改善策を考えておく
作業上の問題をあげて、改善策を考えてみましょう。解決策を見つけると、「試したい」という気持ちが次回作に取り組むモチベーションにもなります。

マインド編

18.上達のプロセスを知ろう
絵特有の上達方法はあるでしょう。しかし、様々な上達情報が氾濫するなか、それらを見ることばかりに時間を浪費しないようにしましょう。基本的にモノゴトの上達にはセオリーがあるので原則を知っておくといいでしょう。

例)学習曲線 - Google 検索

オススメ書籍)

19.やる気を当てにするのはやめよう
準備編2、3、4、行動編7、改善編17の様に、モチベーションが自然と出る仕組みを作ったり、モチベに関わらずできる仕組み作りを設定しておき、習慣化しましょう。

20.何で絵が上手くなりたいの?
たまに自分へ聞いてみましょう。イラスト描き界隈には承認欲求を煽る構造が多いですが、「他者から評価されたいから」という外側を見た理由より、「自分の目標達成のため」など内側の理由の方が強い状態を保てるようにしましょう。

目標とは自分のコントロールできる範囲で立てるようにしましょう。

例)Pixivで****点を獲得する → 1ヶ月の間に5枚渾身の絵をPixivに上げる
同人誌を***部売り上げる → 次のイベントではポスター用の絵も描く

今自分のできることに対する評価の拡大を目指すより、今までしていない要素に目を向けると良いでしょう。目標の強度は成功と失敗が五分五分くらいが良いそうです。

絶版後記

上達に関して色んな方法論はありますが、自身の上達過程は思った以上にオリジナリティ高いです。その人の性格で合う合わないありますから。

他者評価は大切ですが、それだけに囚われないよう、自分の内側に目標設定することをオススメします。

  • 【タグ】
クリエーションカテゴリの他の記事はこちら。
イラスト上達カテゴリの他の記事はこちら。

スポンサードリンク

news

新作同人誌! MEMORIE(あまんちゅ!イラスト本)の通販 → メロンブックス

イラスト・漫画など活動報告 → イラスト・漫画仕事および同人活動の記録| 絶版あかみる

雑誌掲載されました

絶版あかみるを登録する

follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    青年コミック(4社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。