2015年3月15日 23:19

Photoshopでマンガ用トーンを作る方法

同人漫画を作成していく上でトーンの自作方法を調べたので紹介。通常のアミトーンならば、Photoshopを使うと簡単に作れます。

先に手順を書いておくと、

  • グレースケールで600dpiのキャンバスを開く
  • 希望の明度のグレーでキャンバスを塗りつぶす
  • 「イメージ」>「モード」から「モノクロ2階調」を選択
  • ポップアップの「出力」を600dpiに設定して
  • 「種類」をハーフトーンスクリーンに設定してOK
  • 新しいポップアップが出たら「線数」を任意の数値に設定
  • 「角度」を45度に設定
  • 「網点形状」を円に設定

スポンサードリンク

グレーで塗って「モノクロ2階調」すればOK

screen shot:グレースケールで600dpiのキャンバスを開く

まず、新規キャンバスをグレースケール・600dpiで開きます。モアレが発生するため一度作成したトーンは拡大縮小できません。実際の使用サイズに合わせてキャンバスサイズを決めましょう。

screen shot:希望の明度を持つグレーでキャンバスを塗りつぶす

キャンバス全体を希望明度のグレーで塗りつぶします。仕上がりのグレー明度はこの段階で決まります。

screen shot:「イメージ」>「モード」から「モノクロ2階調」を選択

画像のモードをグレースケールからモノクロ2階調へ変更します。変更に際して、レイヤーが複数ある場合統合を求められます。

screen shot:ポップアップの「出力」を600dpiに、「種類」をハーフトーンスクリーンに設定 screen shot:新しいポップアップが出たら「線数」を任意の数値に、「角度」を45度に、「網点形状」を円に設定

ポップアップが2つ順番に出てくるので上記の通り設定します。「線数」は60~70くらいを上限の目安として、10単位で指定します。これは印刷のとき綺麗に出力できる値の目安で、印刷所によって上限値が決まっていたりします。

角度は必ず45度に設定します。

網点形状はトーン1つ1つの形状を指定できます。この方法では「カケアミトーン」を一発で作ることは出来ないので、ここでは円を選択してアミトーンを作る設定としています。

OKを押せばトーンが作成されます。

実際に使用するときはコピペしてレイヤーマスクを使う

使用方法は予めマスクを切っておき、作ったトーンをコピペで貼り付けてマスクを有効にするだけです。

トーンを貼りたい部分を塗り分けておきます。

トーンを必要な部分が覆われるようにコピペします。

マスクレイヤーのサムネイルをCtrl押しつつクリックすると選択範囲が作成されます。その後トーンレイヤーが選択状態なのを確認して、「ベクトルマスクを追加」ボタンをクリックします。

***

ちなみに、SAIではブラシ設定すればトーンを塗るように使うことも可能です。それでも編集のし易さを考えるとマスク切った方がいいと思いますけれど。

SAIで漫画・トーンを貼る前にマスクをかけよう。| 絶版あかみる

絶版後記

ここ最近、同人イベントに参加しようと漫画を作成しております。今はいちおう完成して入稿の準備なぞしているところです。

印刷物って色々制約もあるし、入稿の為のデータ作りとか大変ですなぁ...。

クリエーションカテゴリの他の記事はこちら。
イラスト上達カテゴリの他の記事はこちら。

スポンサードリンク

news

新作同人誌! MEMORIE(あまんちゅ!イラスト本)の通販 → メロンブックス

イラスト・漫画など活動報告 → イラスト・漫画仕事および同人活動の記録| 絶版あかみる

雑誌掲載されました

絶版あかみるを登録する

follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    青年コミック(4社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。