2015年3月28日 12:03

Photoshopイラスト線画用パスツールの設定とアクション登録

最近イラストの描き方を変えたので、その設定とか方法を紹介。自分は線画を上げるスピードが遅かったので、その改善を目的にしています。

結果から言うと「ラフ→トレス台で原画→Photoshopのパスツールで清書」となります。CG作画を取り入れてるアニメなんかで使われる手法だそうです。

今回はPhotoshopのパスツール・ブラシ設定と作業を楽にするアクションの設定を書いていきます。

薄くて軽くて安い!トレース台エントリーモデルの決定版!サンワダイレクト LEDトレース台購入レポ| 絶版あかみる

スポンサードリンク

まずはブラシの設定をする

まず線画用のブラシを設定していきます。

ブラシの太さは3つくらい用意しとくと良いです。私は3px、4px、5px、7pxの4つ作りました。ブラシプリセット設定において、筆圧の調整はペンタブで行なうようにします。マウスで行なうとプレビューが反映されません。

入りと抜きの細さを決める部分なので、筆圧は今回44%になっていますが、細いブラシはもっとパーセンテージ上げても良いと思います。

アクションの設定

次にアクションの設定をしていきます。「アクション」とは、毎回行なう同じ作業を効率化する機能です。

録画ボタンを押してから登録したい作業を実際に行い、停止ボタンを押します。名前をつけて保存しておき、使用時は再生ボタンをクリックします。

線画用に登録しているアクションはこんな感じ。

描画色(黒)選択→ブラシ選択→境界線を描く(使用:ブラシ / 強さのシュミレート有効)→作業用パス削除

使用方法

使用方法と言ってもパス引いてアクション実行するだけです。

パスツールで引きたいラインを選択し、

アクションが選択されているのを確認して再生ボタンを押します。毎回ボタン押すのはかったるいので、再生かアクションそのものをショートカットキーに登録しておくとサクサク作業できます。

パスツールで引いた線は一律になりがちなので、更に強弱を付けるためSAIで弄ると良い感じになります。

絶版後記

ちゃんと設定をすると線も自然になりますし、作業もグンと楽に、早くなりました。さらに手を加えるにしても、パスツールで大元の線が引いてあるとクオリティアップもし易くなります。

  • 【タグ】
クリエーションカテゴリの他の記事はこちら。
イラスト上達カテゴリの他の記事はこちら。

スポンサードリンク

news

新作同人誌! MEMORIE(あまんちゅ!イラスト本)の通販 → メロンブックス

イラスト・漫画など活動報告 → イラスト・漫画仕事および同人活動の記録| 絶版あかみる

雑誌掲載されました

絶版あかみるを登録する

follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    青年コミック(4社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。