2016年9月27日 11:30

良かったイラスト教本と絵のネタ集めに役立っている本まとめ

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD 【新型番】2015年7月モデル DTK-1301/K0amazon:Cintiq 13HD DTK-1301/K0

昨今のイラスト描き人口の増加もあり、毎年多くのイラスト教本が発売されている。おすすめ教本で調べれば確実に目にする定番から、同人で発行されたものまで含め「これは買ってよかったなー」と思うものを紹介。また、ネタや資料としてよかったと思うものも合わせて掲載する。記事は随時追加を予定。

スポンサードリンク

デッサン系教本

■ やさしい人物画
人体デッサンの教本としてほぼ確実に名前の挙がる名著。世に色々な人物画のイラスト教本はあるが、この本にある内容をより詳しく掘り下げているというイメージ。リアル系だとかアニメ系だとかの区別は関係なく一通り読むと、それ以降の教本を見る道標にもなる。

■ やさしい顔と手の描き方
ルーミス関連から2冊目こちらもど定番。

■ 顔、肉体、服のシワ 人物デッサンのすべて
マッス(かたまり)やシルエットでの把握という方法論にも触れておりとても解りやすい。服のシワの基本的な知識や着色の際に気にするべき陰影についてなど、上記2冊とは違うアプローチが多い。

■ リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座
漫画の教科書シリーズ。非常に面白く実践的な内容のつまった良書。画面構成の知識についても触れられており、特に画角の知識については必読。

色についての教本

■ カラー&ライト リアリズムの為の色彩と光の描き方
ライティングの知識が得られる珍しい本。代替本がないくらいに網羅されているので、価格は高めだが必読の一冊。

■ デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則
ネットでは見つけにくかった内容が纏まっている。明度管理についての理解が深まる1冊。ちょっと価格は高い感じする。

背景についての教本

■ 60×60
吉田誠治氏が2015年に発行した同人誌。Twitterで人気となった60分で絵を描く企画ハッシュタグ「ワンドロ」の制作物まとめとなっている。巻末にメイキングも掲載。


商品名60×60

引用元:【とらのあなWebSite】60×60

イラストのネタ

■ ファッション誌
個人的には「CLUEL」「FUDGE」が好き。自分の趣味に合わせてで良いと思う。ファッションそのものだけでなく、イメージカット写真がありネタの宝庫。定期購読がお勧め。

■ アイドル写真集
美少女キャラ絵を描くのならポートレートの魅せ方を色々見ておきたい。好きなタレントさん・アイドルでいいけど、ライティングや表情の豊かさ、撮影場所など、できれば中身をチェックしてからが◎。

■ 旅行系雑誌
クオリティの高い写真が多い雑誌からお気に入りを選ぶと良い。定期購読したいが、興味を持てる都市が特集されている雑誌を選ぶのもアリ。

映画
好きな監督で選択すると画面作りの参考になる。また映画の撮影技術に関する本もお勧め。

絶版後記

ひとまずこのへんで。ここ1年ほどですが、単純に絵の技術力というよりイラストを総合的に良くするには。という考えのもと試行錯誤してきました。

イメージが明確にある時ほど画面が良くなるので、イメージのストックをなるべく多く、習慣的に取り入れ続けるのが大切だろうと思う。

クリエーションカテゴリの他の記事はこちら。
イラスト上達カテゴリの他の記事はこちら。

スポンサードリンク

news

新作同人誌! MEMORIE(あまんちゅ!イラスト本)の通販 → メロンブックス

イラスト・漫画など活動報告 → イラスト・漫画仕事および同人活動の記録| 絶版あかみる

雑誌掲載されました

絶版あかみるを登録する

follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    青年コミック(4社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。