2019年4月16日 01:03

短中距離をある程度早く楽に移動したくて電動バイクという選択肢を見る

amazon:Airwheel R6

電動バイクの購入を検討している。といってももうしばらく様子見で、今は情報収集したり界隈の発展待ちといったところだ。

スポンサードリンク


ハイブリッドバイクglafit®バイクGFR-01

引用元:ハイブリッドバイク glafit®バイクGFR-01が2018年度グッドデザイン賞を受賞|glafit株式会社のプレスリリース

電動バッテリーで動く自転車とバイクのハイブリットというふれこみの乗り物で、glafitというのがクラウドファンディングなどで話題になった。

「glafitバイク」は和歌山にある、自動車関連用品の企画、製造、販売を行っているファイントレーディングジャパンのプロダクト。小径ホイールの折りたたみ自転車に近しいデザイン・ディメンジョンの電動バイク兼電動アシスト自転車です。

引用元:初めて欲しいと思えたハイブリッド電動バイク「glafitバイク」 | MODUL.JP

ほかにはこんなの。ちょっとでかいか。

50ccの原付を今更買うのはなぁと思い、125ccの原付二種は駐車場を探さねばならぬのが困りもの。そもそも、想定している利用にはオーバースペックだし、可能なら部屋において置きたい。

なれば折りたたみの電動アシスト自転車は?と思ったので調べると

商品紹介|お洒落な電動アシスト付きポタリング自転車DE01

電動アシスト版の「A-Bike Electric」登場!

このあたりか。DE01なんかおしゃれで素敵だ。ただ正直漕ぎたくないのである。バイクタイプがいいのである。ということで、色々制約があるけど公道を走れる電動バイクという選択になっている。

車道を走る必要があるしヘルメットも必須というのがデメリットとして上がるけど、それはロードレーサーとかでも似たようなものでは?とも思うし、この乗り物で交通量が多く太い国道を走ろうなどとは思っていない。

5km~25kmくらいの移動距離を、車どおりの少ない道を選びつつ、そこそこのスピード20~30km/hで楽に移動がしたいのである。

便利&役立カテゴリの他の記事はこちら。
ガジェットカテゴリの他の記事はこちら。

スポンサードリンク

news

著作 第1巻発売中

エーゲ海を渡る花たち | 日之下あかめ

絶版あかみるを登録する

follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。