アイドルマスターとは何かのまとめ。~ゲーム・音楽・アニメ・声優など概要について~

アイドルマスター(通常版)

アイドルマスターについて書くウェブページ

このページではアイドルマスターの概要と各話題の解説などをのせています。さらに突っ込んだ内容は各ページに掲載する予定です。

アイドルマスターの概要

『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター)は、バンダイナムコゲームス(当時ナムコ)が2005年にリリースした アーケード用シミュレーションゲーム、及びそれらゲームなどのコンテンツに付けられるシリーズ名称です。

原案であるゲームにおいて、プレイヤーはアイドルのプロデューサーとなり、担当アイドルと共にトップアイドルを目指したり交流を楽しむ「アイドルプロデュース体験ゲーム」というのが公式なジャンル。

『THE IDOLM@STER』の表記について

公式のロゴは「THE iDOLM@STER」(iが小文字 ・ Aの部分が@)。また、テキストでの表記は『THE IDOLM@STER』と、Iは大文字表記にするのが公式とされています。

そのほか、公式略称として「アイマス」「IM@S」などがあり、いずれの場合も「THE」は無音表記です。

現在では、メディアミックス展開を行なう際に「PROJECT IM@S」と表記されることもあります。

シリーズ別の呼称について

アイドルマスターシリーズはゲームを始め、アニメなど各プラットフォームで展開されている為、ファンの間では一部のシリーズを区別する呼称が生まれており、以下にあげるのはその一例です。

  • アケマス(アーケード版)
  • 箱マス(xbox360版)
  • アニマス(2011年に放送されたA-1 Pictures制作のアニメ版をさす場合が多い)
  • アイモバ(THE IDOLM@STER MOBILE i / アプリエリアゲーム)
  • デレマス・モバマス(アイドルマスターシンデレラガールズ / モバゲー版ソーシャルゲーム)
  • ミリマス・グリマス(アイドルマスターミリオンライブ / GREE版ソーシャルゲーム)
  • ニコマス(動画投稿サイト『ニコニコ動画』カテゴリーに投稿される動画及び一連のコミュニティ)

    登場するアイドルキャラクター(765プロ)

    上記の通り、現在多くのプラットフォームで展開しているシリーズのためキャラクターの総数も100人を超えています(声なしなども含む)。その中でも中核キャラクターとして登場するのが「765プロダクション」所属の13名のアイドルキャラクター達。

    天海春香(左)/ 星井美希(右) アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]amazon:アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

    菊地真(左)/ 萩原雪歩(右) アイドルマスター 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]amazon:アイドルマスター 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

    三浦あずさ(左)/ 高槻やよい(右) アイドルマスター 3(完全生産限定版) [Blu-ray]amazon:アイドルマスター 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

    双海亜美(左上)・双海真美(左下)/ 水瀬伊織(右) アイドルマスター 4(完全生産限定版) [Blu-ray]amazon:アイドルマスター 4(完全生産限定版) [Blu-ray]

    秋月律子(左)/ 如月千早(右) アイドルマスター 5(完全生産限定版) [Blu-ray]amazon:アイドルマスター 5(完全生産限定版) [Blu-ray]

    四条貴音(左)/ 我那覇響(右) アイドルマスター 6(完全生産限定版) [Blu-ray]amazon:アイドルマスター 6(完全生産限定版) [Blu-ray]

    星井美希はXbox版から登場。我那覇響と四条貴音はアーケード版の没案だったがPSP版からなど、それぞれのタイミングで追加されたキャラクター。

    アイマスシリーズの中核・ゲームコンテンツ

    アイドルマスターシリーズの核とも言えるゲーム。どのゲームにしても共通するのはアイドルとプロデューサー(プレイヤー)がおり、担当するアイドルとの交流や、営業、ライブといった芸能活動をシュミレーションする要素となります。(一部例外あり)

    【全ての始まりアケード版】

    アーケード版アイドルマスターは、ゲームセンターで2005年に稼動したアーケードゲーム。10名のアイドルをプロデュースしてトップアイドルを目指す「キャラクター育成シュミレーション」に分類されています。

    THE IDOLM@STER アイドルマスター アーケード筐体 (1/12スケール プラスチックキット)amazon:THE IDOLM@STER アイドルマスター アーケード筐体 (1/12スケール プラスチックキット)

    アイドルマスターの筐体は上画像のようになっており、プレイに使用する「ステーション(上画像)」の他、ランキングを表示する「ライブタワー」とに分かれています。

    screen shot:f-clef.net [ blog-diary ] - ゲーム(えろげ含)

    screen shot:まこっちゃんの掲示板の倉庫:いろいろ持ってます - livedoor Blog(ブログ)

    プレイデータは専用の「リライタブルカード」に記録される。カードは2枚あり、プロデューサーカードとユニットカードに分けてられています。

    ゲームの詳細はアイドルマスターアーケード版公式ホームページを見ると良くわかります。

    このアーケード版アイドルマスターはネットワーク接続がされており、全国のプレイヤーランキングが表示されるシステムを持っていました。2010年9月のメンテナンス時にネットワークがオフライン化されています。当時の様子は以下サイトで見ることができます。


    このイベントはバンダイナムコ未来研究所の特設コーナーにオンライン接続された『アイドルマスター』の筐体を設置。ゲストの方々と全国のプロデューサーさんとでオーディション対戦を楽しんでいただこうというもの。ゲストは天海春香役の中村繪里子さん、如月千早役の今井麻美さん、秋月律子役の若林直美さんが来場!

    引用元:アーケード版『アイドルマスター』オフライン化記念イベント開催! (ミライケン☆ブログ)

    【家庭用ゲーム機への移植とブレイク】

    アイドルマスター(通常版)amazon:アイドルマスター(通常版)

    2007年には家庭用ゲーム機「Xbox 360」へ移植。大幅なグラフィックの改良などを施されました。

    その後、ゲーム内のライブ部分をフォーカスした『アイドルマスター ライブフォーユー!』や、続編にあたり後輩アイドルが登場する『アイドルマスター ディアリースターズ』などが発売し、本格的にシリーズ展開が始まります。

    当時サービスをスタートした「ニコニコ動画」に多くの動画コンテンツがアップされ、それまでゲームセンターの集客範囲外にいた人にも知られ、一躍有名になりました。

    「Xbox 360」の「アイドルマスター」を「PSP」に移植したものが『アイドルマスターSP』です。現在の中核アイドルが全員揃う初の作品で、13人のアイドルを分割し、3タイトルが同時リリースされました(しかし、美希・貴音・響の3名はライバル・ノンプレイヤーキャラクターとしての登場)。

    2011年になると「Xbox 360」で『アイドルマスター2』がリリース。そのわずか8ヶ月後に、当時の最新ゲーム機「PlayStation 3」で同名タイトルの『アイドルマスター2(PS3版)』がリリース。

    上記のリリース方針のほか、13名の中核キャラクターのうち、秋月律子・水瀬伊織・三浦あずさ・双海亜美がノンプレイヤーキャラクターになったことが波紋を呼んだ。

    (*独自見解* ジュピターという男性キャラクターの登場も当時はかなり大きな波紋だったものの、一部web上の偏向情報によるものが多い。プレイヤー達のショックは、それまで中核キャラクターだった3名のプレイができないことが中心だったように思われます。)

    上記のように問題視された部分はあるものの、グラフィックの著しい向上が評価されたタイトル。また、豊富なダウンロードコンテンツにより、2014年の今現在までプレイ可能性のあるタイトルとして評価される面もあります。

    2011年、グラビア撮影にフォーカスした内容の『アイドルマスター アニメ& G4U!パック』シリーズが発売。尚、このタイトルは同年にA1-Picturesのアニメ化がされたこともあり、アニメBlu-ray同梱のパック販売が行なわれました。

    「PSP」で発売されたタイトルの2作目が『アイドルマスター シャイニーフェスタ』シリーズ3作。音楽リズムゲームとして制作されている他、A1-Picturesによる新作アニメOVAが収録されているという特徴があります。

    また、スマートフォン用アプリゲームとしても現在リリースされています。

    2014年5月に発売を予定している最新作が『アイドルマスター ワンフォーオール』。機体は「PS3」となっており、『アイドルマスター2』の続編であることが名言されています(シリーズ内では、パラレルワールドとして前作を引き継がない場合がある)。

    また、最新機種として2014年2月22日発売のPS4へのシリーズ参入も決定しています。

    【外部参照】電撃 - PS4『アイドルマスター』シリーズ(仮称)が始動!? 『アイマス』公式ブログで"新たな家庭用ゲームの展開"も発表

    シンデレラガールズなど・ソーシャルゲームでの展開

    GREE・モバゲーなどのベンチャー企業の登場とスマートフォンの普及などにより、ゲーム業界がモバイルゲームやアプリなどのソーシャルゲーム市場にシフトしています。

    これら状況を受け、『アイドルマスターシリーズ』もソーシャルゲームに展開をスタート。

    2011年11月に運営がスタートし、モバゲーで配信中のソーシャルゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』には、これまでの中核アイドル13名の他に100名以上の新キャラクターが登場しています(新キャラクターの中で声あり、声なしなど、扱いに差がある)。

    初のソーシャルゲームタイトルであり、メディアミックス企画の「PROJECT IM@S」において要となっているシリーズ。イラストの一部にアイマスシリーズと関わりの深いイラストレーター「杏仁豆腐」氏が起用されています。

    【外部公式】 アイドルマスター - モバゲー(Mobage) by DeNA

    モバゲーから1年4ヶ月ほど遅れて、2013年2月GREEで運営スタートした『アイドルマスター ミリオンライブ! 』(公式サイト)。こちらは中核アイドル13名に加え、37名の新アイドルが登場します。

    新アイドル全員の所属プロダクションが中核アイドル達と同じ「765プロダクション」という設定や、使用されるイラストがA1-Pictures版アニメイラストに準じているのが特徴。また、新アイドルはフルボイス仕様になっています。

    【外部公式】アイドルマスター ミリオンライブ! - GREE

    THE IDOLM@STER MOBILE i』はスマートフォンアプリのゲーム。位置情報を利用したエリアゲームといわれるジャンル。元は2010年にリリースされた『アイドルマスター モバイル』をスマートフォン版に適用したもの。

    アイマスの音楽・膨大な楽曲の展開

    アイドルマスターシリーズはその性質上、膨大な音楽コンテンツを有しています。2014年2月現在で、カバーなども含め関連楽曲は600曲を超えており、ラジオCDなども含めてCDは300種類目前。コンテンツの巨大さがわかる数字となっています。

    アイドルマスターの楽曲の一覧
    THE IDOLM@STER 関連CDの一覧 - アイマス楽曲・CDデータベース(情報まとめ)

    この項では2014年現在で最新のベストアルバムの紹介に留めます。

    最新のアイドルマスターベスト盤は「GRE@TEST BEST!」シリーズの名が冠してあります。4タイトルに分かれており、4ヶ月連続発売されました。

    アイドルマスターシリーズの中でも節目で登場し、代表的な楽曲とされるものを収録したベストアルバム。初のCD収録曲からアーケードゲーム、家庭用ゲーム、アニメなどから厳選されています。

    アイマスの数ある楽曲の中でも、知名度が高いものが集まっており、シリーズの歴史を辿ることをコンセプトとしているアルバムです。ジャケットイラストはキャラクターデザインを手掛けた窪岡俊之氏が担当しています。

    アイマスシリーズの楽曲中、「可愛く元気な」曲をメインに収録したベストアルバム第2弾。第2弾以降は、2枚組み120分を超える大作となっています。明るい曲調のものが中心で、メジャーなものからコアなものまで幅広いピックアップがされています。ジャケットイラストは杏仁豆腐氏が担当。

    第3弾は、かっこよく大人っぽい楽曲をセレクトしています。2枚組み141分となっており、ロック調やバラードなどが多く収録。アイマス楽曲のカバーしている曲調の多さに驚かされる内容となっています。ジャケットイラストは2009年の携帯用(DS版)ゲームの発売以降、窪岡氏と共にゲーム版のキャラクーターデザインをした田宮清高氏が担当。

    シリーズ最終アルバムの第4弾は「様々な想いとアイドルたちの絆を感じられる楽曲を中心に収録。」(Wikipedia)。曲調でのジャンル分けは難しく、バラードからポップなものまで多彩に収録されています。最もファンディスク的な要素の強い構成となっており、2枚組み147分のシリーズ最長を誇るアルバム。

    ジャケットイラストは、A-1 Pictures制作のアニメ版「THE IDOLM@STER」の監督等を手がけた錦織敦史氏が担当。

    【さらに詳しく】
    アイドルマスター 楽曲CD ・ オススメシリーズのまとめ~アイマスミュージックの系譜~

    キャスト声優達によるライブイベント

    シリーズの特徴的な点として楽曲の豊富さがあげられるアイマスにおいて、重要な位置を占めているのがキャスト声優によるライブイベントです。

    2014年2月22日~23日には、埼玉スーパーアリーナでのライブが行なわれます(執筆時点で明日から!)。

    以下リンクでは様々なシリーズの歴史をまとめており、ライブでの曲目数は243曲というデータがまとめられています。

    これまでアイマスライブで歌われてきた曲目数243曲、通算1193回披露(2013年9月22日現在):アイマスの歴史を振り返ってみるブロマガ - ブロマガ

    アイドルマスターシリーズにおいて声優の存在感は大きく、作中のキャラクターへも多くの影響を及ぼしています。また、毎年行なわれる〇周年記念ライブ開催などもあり、声優自身も関わる時間が非常に長いコンテンツです。

    近年ではシリーズが長く続くタイトルや、当初からキャラクターと声優をリンクさせたコンテンツビジネスが発展しています。その先駆けと言えるもののひとつであり、現在も継続している特殊性をもっています。

    (詳しくはアイドルマスター声優のページを制作予定)

    アイドルマスターのアニメ展開

    アイドルマスターのアニメは大きく分けて3つ。ひとつはシリーズ初のアニメ『アイドルマスターXENOGLOSSIA』、次にXBOX360のゲームTHE IDOLM@STER [アイドルマスター ライブフォーユー!]初回特典アニメ、そして2011年にA1-Pictures制作により公開されたアニメ版アイドルマスター。

    尚、A1-Pictures制作のアニメは他にも、PSP用ゲームアイドルマスター シャイニーフェスタ収録のOVAや、2014年2月現在公開中の劇場版アイドルマスターなどがあります。

    アイドルマスターの名を冠した初のアニメ化作品である『アイドルマスター XENOGLOSSIA』は、2007年にサンライズによって制作されました。

    メディアミックス企画「PROJECT IM@S」の一環として制作された作品。ゲーム版アイドルマスターの登場人物を登場させつつも、独自の設定とストーリーによって描かれており、「ロボットアニメ」に分類されます。

    当作品は待望のアニメ化とされながら、ゲームとは全く別物だったこともあり当初批判を呼びました。


    コンセプトは「アイドルマスターのキャラでの『舞-HiME』」とされている[4][注釈 1]。本作に用いられているスター・システム、すなわちキャラクターを役者に見立て、舞台の異なる作品で異なる役回りを演じさせるという手法は、『舞-乙HiME』から本作へと導入された要素である[2]。

    引用元:アイドルマスター XENOGLOSSIA - Wikipedia

    アイドルマスターシリーズはキャラクター育成シュミレーションという側面が非常に強いコンテンツです。かつ、プレイヤーあるいはファンのことを「プロデューサー」と呼称する独自文化があります。(ゲーム作中でプレイヤーは各アイドルからプロデューサーと呼ばれることにちなんでいます)

    その為、プレイヤー個々に思い入れや、各主要キャラクターに対するイメージが多様です。そうした状況を鑑み、アニメ化するにあたり以下のような意思決定があったそうです。


    プロデューサーの古里尚丈によれば、原案ゲームの双方向性やストーリー分岐の要素はアニメでは再現できないため、忠実にアニメ化したのではオリジナルの魅力に並ぶことはできず、同じ土俵に立てないであろうという判断があったといい[2][4]、悩んだ末にアニメ化の依頼を「原案ゲームのキャラクターを使用しての『舞-HiME』の製作」であると好意的に解釈して考え[4]、原案ゲームをスター・システム的な方向性で用いることを決めた結果であるとされる[2]。

    引用元:アイドルマスター XENOGLOSSIA - Wikipedia

    方向性に対して、プレイヤー・ファンから未だ賛否両論はあるものの、一定の理解や、"ネタ"化して受け入れられているような状況も見受けられます。

    こうした経緯もあり、「アニメ版アイドルマスター(アニマス)」と言った場合、2011年に制作されたA1-Pictures制作のものを差すことが多数となっています。

    (*独自見解*「原案ゲームの双方向性やストーリー分岐の要素はアニメでは再現できない」という観点から、A1-Pictures版を批判する向きもあり、「アイドルマスター」というコンテンツがプレイヤー・ファンにとって多様な受け取り方をできるコンテンツであることを良く表しているといえます。)

    また、新展開として『アイドルマスターシンデレラガールズ』においては、今のところアニメーションPVのみが公開されています。(モバゲーのゲーム内) (詳しくはアニメ・アイドルマスターのページを制作予定)

    【公式サイト他、参考・検証及び引用先一覧】(順不同)

    THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB
    http://idolmaster.jp/
    @imas_anime
    https://twitter.com/imas_anime
    劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』公式サイト
    http://www.idolmaster-anime.jp/
    THE IDOLM@STER - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_IDOLM@STER
    アイドルマスター | Aniplex | アニプレックス オフィシャルサイト
    http://www.aniplex.co.jp/lineup/anime/idolmaster/
    アイドルマスターとは (アイドルマスターとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
    http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
    アイドルマスター -ニコニコ動画:GINZA
    http://www.nicovideo.jp/tag/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
    アイドルマスター 番組公式ホームページ|TBSテレビ
    http://www.tbs.co.jp/anime/idolmaster-anime/
    アイドルマスター(THE IDOLM@STER)公式ページ
    http://columbia.jp/idolmaster/
    アイドルマスター2|バンダイナムコゲームス公式サイト
    http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/idolmaster/im2/ps3/
    アイドルマスター XENOGLOSSIA
    http://www.sunrise-inc.co.jp/idolmaster/home.html
    アイドルマスター (あいどるますたー)とは【ピクシブ百科事典】
    http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
    f-clef.net [ blog-diary ] - ゲーム(えろげ含)
    http://www.f-clef.net/blog-diary/game/
    まこっちゃんの掲示板の倉庫:いろいろ持ってます - livedoor Blog(ブログ)
    http://blog.livedoor.jp/makotcollection/archives/50443938.html

    【次のページを見る】

  • 雑誌掲載されました

    絶版あかみるを登録する

    follow us in feedly
  • RSS
  • Twitter(@akamiru_)
  • Rank!

    おしらせ

    カテゴリーはページ最下部、月間アーカイブなどは「サイトマップ」にまとめてあります。

    Kindleセール情報

    Google先生に怒られたっぽいのでしばらく削除します。すみません。

    少年コミック(7社選)の3ページ分(人気順)から情報を取得。